Tuesday, September 28, 2010

new layout, new things to think about....

What do you think of the new layout? I originally wanted something with a fallish theme or something to do with Tokyo, but I thought the people walking briskly kinda covered my mood for today. The Japanese at the top means, "When the wind coloured a fleeting deep red/ by scattered dry leaves wraps around us/it's in order to connect us to each other"

It's from the song, "同じ空見つめてるあなたに" by Spontania featuring AZU (lyrics/video)

最近、いっぱい考えましたが、何も変われませんでした。なぜだろう。
同じ風に生きていますが、この生活はいやだなぁ~

日本から帰ったの前に、とても良い人に出会った事がありました。このブログでその人はHさんと呼んだ方が良いと思います。

Hさんは29歳です。三重県の出身で今のお住まいは東京です。2月から知っていて毎日メールで電話で話しました。最初から「この人はすごいな」と思いましたが、二人で逢う事が恥ずかしくてその人に何回デートをキャンセルしてしまいました。

八月に「逢った方が良いな」と思ってやっと二人でデートに行ってきました。もう、すごく緊張しました。
本当のHさんはどんな人だろう?
この後まだ私の事が好きかな?
私の事はどう思うかな?
いっぱい心配しました。

手を握り締めたの時に、「Hさんの事が大好きだよ。愛してるかも知れない」と言いました。「それは英語で何と言うの?」と聞いて「I think I love you」と答えました。「Oh, me too.」と言ってくれました。すごく嬉しかったです。

「Hさんの彼女になりたい」と言いました。
「頑張って下さい」と答えました。
なぜかと言うと、すぐにアメリカに帰るはずでした。その後、私達の将来はどんな風になるか分かりません。もし違う人に出会ったら、好きになるかも知れません。多分、私は日本に戻れなくようになるかも知れません。

それが分かっていますけど。
そごく分かっていますけど。
でも、Hさんと付き合うの為に頑張りたいなと思っていました。

帰ったら、
仕事に探さなきゃ。
大学に頑張らなきゃ。
日本語の勉強に頑張らなきゃ。
Hさんの為だけじゃなくて、自分の為に。
もしそれを出来れば、付き合いたくようになれるらしいから。

自分が社会人になったら、そのボーナスはHさんに付き合う事です。良いな。

ですけれど、
実は、もう一度会えるかな?

ずっと二人の一番好きな人だっても、同じ場所で居るかな?
一年間の後で同じ風に話せるかな?
一年間の後でまだ私の事を覚えたのように居るかな?
一緒に行ったのレストランを見ると「ステイシーはどうだろう」と思うかな?

it's full of uncertainties. our futures are completely undecided - even the part that includes each other.
i think i'd give just about anything to hold him again. or to hear him say my name. or see his smile.

私達の将来はその時でも今でも不定です。
ですから、二人の心の言葉が素直になれないですね。それが一番寂しい事だと思います。
Love is all you needに信じていますので、愛の為に頑張りたいですが、その考え方は子供っぽいかも知れません。


でも、I think I love youだから、頑張るよ。また逢えるまで、幸せに。

No comments:

Post a Comment